コアレ

 

『コアレ』は、お腹の奥深い所にある筋肉をほぐし、鍛えていく機械です。

一番最初にやっていただいている部位としましては、みなさんお腹周りをやってもらっています。
お腹ってすごく重要で体の中心になるのはお腹になりますので、最初は、お腹からコアレをやっていきます。

お腹をやることによって一回でもお腹のサイズが変わりやすくなります。

どれだけ変わるかと言うと、個人差によりますが、だいたい1~3cmサイズダウンが見込めます。

でもこれ一回での変化なので、また戻ってしまいます。継続する必要性がありますので、そんな形でやっていきましょう。

 

実感してください!

最初と最後にお腹の測定をさせてもらっています。なぜ測定するかと言うと、それだけ自信があるからです。

厳しいあなた自身でぜひ体感してください。

測定後は、仰向けで寝てコアレのパットを計8枚貼っていきます。

 

コアレは痛くありません!

コアレによる痛みはありません。「寝ているだけのように感じるんですが、筋トレになるんですか?」と聞きたくなるくらいです。
お腹の奥がぐっと押されたり、もまれる感じが感じます。

コアレは、お腹の正面が強く感じられます。
なので、脇腹、腰は、正面より一、二段階くらい強めに上げられます。

最初は、こわばってしまう方も中にはいらっしゃいます。「キツくないんですけど、キツイ」って言う方が結構いらっしゃるんですよ。

 

全身の筋肉は、全部でこの筋肉何種類くらいあると思いますか?

30コくらいでしょうか?
実は、全部で約650種類くらいあります。
実際、隠れている筋肉もあって約650種類あります。

その650種類を分かりやすくわけるとアウターマッスルと、インナーマッスルにわけられます。

アウターマッスル、インナーマッスルは、どういった事なのかと言うと、洋服で表すと分かりやすいんですけど、洋服で羽織る物をアウターって言いますよね。
中に着る物ってインナーって言いますよね。それを筋肉に置き換えていただければ分かりやすいかなと思います。

中にある筋肉はインナーマッスル。表面にある筋肉はアウターマッスルです。

そのアウターマッスル、インナーマッスル全部で筋肉なんですけども、その筋肉650種類あって、アウターマッスルはその中で約50種類がアウターマッスル。

この筋肉は、お仕事が違うんですね。

そのアウターマッスルはどういった時に使っているかというと、大きな力を出す時に使っています。

なぜ、身体を鍛える時にダンベルとか持ったりしますよね。
お買い物に行った時とか重くなっちゃった荷物とか持つ時に、「よいしょっ」て力を入れますよね。

あの時に使っている筋肉がアウターマッスル、なんですね。そのアウターマッスルはご自身で鍛えるのが、簡単です。

なんでかと言うと、重い重りを持てば良い。あとは、意識しやすい。

腕を鍛えるとだんだん、筋肉の部分が熱くなる感覚があると思うんですけど、それはもうそこを意識できている証拠なんですね。だから自分で鍛えるのが簡単ですね。

このアウターマッスルをやっていくとどうなっていくかと言うと、筋肉を強く肥大します。なんでガチッと、ムキッとなるような感じになるかと思います。もっとイメージすると、ボディビルダーみたいな、あんなような感じになるかなーと思います。
それがアウターマッスルです。

じゃあ、後の約600種類はどこに隠れているかと言うと、これを全部ベリベリベリベリと剥いだ奥にあります。

それがインナーマッスルと言う物ですね。

 

インナーマッスルとは?

インナーマッスルは何をしているのか? 何の役割をはたしているかと言うと、人間の基礎、土台となる筋肉で、骨、関節、内臓を支えたり守っている筋肉なのです。

建物をイメージしてください。建物を建てる時は、土台から作り始めますよね。その土台の上に建物を建てます。

もし土台が崩れると建物はどうなってしまうか? 当然、崩れます。これは人間も一緒で、人間の体の土台は体の内側の筋肉、インナーマッスルです! その筋肉が弱いと人の体も傾いてしまいます。痛みが来て、負担がかかって倒れてしまいます。

インナーマッスルは、しっかり鍛えなければならないんですが、どうやって鍛えるかイメージできますか?
先ほどのアウターマッスルと違い、鍛え方も、意識もしづらいんですね。

こういった奥深い所の筋肉は、そもそもどこにあるのかわからない。意識しづらい。だから自身で鍛えるのが難しい。でも、この筋肉は、骨、間接を支えるので、重要だし鍛えなければいけない筋肉なんです。

筋肉の性質上、これらの筋肉は鍛えていくと、締っていきます。最初に「お腹のサイズが引き締まります。」と言ったのは、そういう訳なんです。

話しをまとめますと、アウターマッスルは大きな力を出す時に使い、鍛えれば鍛えるほど、強く肥大するのでご自身で鍛えるのが出来る。

それに対しインナーマッスルは、中にある、骨や間接を支えている筋肉で体の土台となる筋肉を言います。この筋肉は、鍛えれば鍛えるほど、締っていく性質があります。この点がアウターマッスル、インナーマッスルの大きな違いになっていきます。

 

良い姿勢と悪い姿勢の違いとは?

周りを見渡すと「この人、背筋がピンとして良い姿だな」という方もいれば、悪い姿勢の方もいますよね。身体が歪むと、肩が下がり、骨盤が下がり、足の長さが違ってきます。

こういった姿勢になると、体のあちこちに負担が掛かり、痛みがでてきます。痛くなると?先生方が治療します。先生方が治療し、元に戻しますが、それを止めてしまうと、また戻ってしまうんです。

これでは大変ですよね。

正常の姿勢を維持するには、どうしたら良いのかと言うと、筋トレが凄く効果的なんです。

正常の姿勢を維持するための土台、インナーマッスルを鍛えられるのがコアレなんです。
当院で、是非、コアレを体感してみてください。